Toppage病院紹介外来受診のご案内入院のご案内部門紹介地域医療連携臨床研修医交通案内
  病院紹介 
  外来のご案内
  入院のご案内
  部門紹介
  地域医療連携
  臨床研修医
  交通案内
  診療科案内 
  外来担当医一覧
  休診のお知らせ
 循環器内科
 消化器内科
 呼吸器内科
 血液内科
 腎臓内科
 代謝内分泌内科
 神経内科
 リウマチ膠原病
 緩和ケア
 小児科
 消化器一般外科・乳腺外科
 整形外科
 形成外科
 脳神経外科
 心臓血管外科・呼吸器外科
 産婦人科
 眼科
 耳鼻咽喉科
 皮膚科
 泌尿器科
 ペインクリニック
 歯科口腔外科
 救急科
 放射線科
 血管内治療グループ
 リハビリテーション科
 病理診断科 
  各科治療成績
  相談窓口
 医療福祉相談室
 医療安全(苦情)相談室
 がん相談支援センター
 セカンドオピニオン外来
 病理部 病理診断科
  看護部
  薬剤部
  病理部
  放射線技術科
  臨床検査科
  栄養科
  消化器センター
  血液浄化センター
  健診センター
  周産期母子医療センター
  緩和ケア病棟
  救命救急センター
病理組織学的検査の対象となるのは、手術および試験切除・内視鏡検査で得られた生体組織と穿刺および塗抹等で得られた細胞です。目的は病変の性質、程度、範囲等を判定し、疾患の最終診断に直結すると共に、適切な治療方針を確定することです。
病理組織学的検査は患者さんの生命をも左右する重要な検査です。
病理部 病理診断科について
病理部は、8人(認定病理診断医1名非常勤認定病理診断医1名、臨床検査技師5名、パート1名)からなり、
@ 生検・細胞診診断 A 手術材料診断 B 剖検診断 の3業務があります。
生検・細胞診診断
胃に痛みがあった場合、胃の中に小さなカメラを入れ、病変部を採取し、顕微鏡で良い病気であるか悪い病気であるかを判定する。胸水・痰・尿・子宮擦過・乳汁分泌物の細胞から良性か悪性かの判定を行う。
手術材料診断
病変部が悪いもの(がん)と判定されると、手術がなされ、手術材料を短冊状に多数切り出し、標本から病変部の地図を作製する。
がん細胞が増殖している胃壁の深さ(表層の粘膜に限局しているのか、深層の筋層あるいは筋層を越えているのかを判定する)と、がん細胞が血管内、リンパ管内あるいはリンパ節に入り込んでいるか、がん細胞が手術断端面や切離面に顔を出しいるかどうかを判定する。 
剖検診断
懸命な治療にもかかわらず、原因がはっきりしないで亡くなられた時は、原則として故人と一番近い近親者の許可をいただき、死体解剖資格認定証明証(大学教授の指導の元で5年以上の病理研修中、20体以上の解剖を行い、解剖書類提出後、厚生大臣から戴く)を持つ認定病理医により解剖がなされる。肉眼所見と顕微鏡所見で原因を判定し、今後の医療に役立てる。解剖、写真撮影、肉眼所見の記述、検体の切り出し、検鏡、剖検報告書作成、日本病理学会への剖検書類提出臨床病理検討会という一連の作業を行う。
標本作製
@ 胃カメラで採取された直径約2〜3mmの検体をホルマリン(呼吸器と皮膚に対し有害物質)で固定し、アルコールとキシロール (呼吸器系有害物質)で処理し、パラフィン(ロウソクのロウ)に埋め込む。パラフィンブロックという。ミクロトームという機械で、パラフィンブロックを約4ミクロン(1mmの1000分の4)の厚さで薄切し、ガラスに貼る。替刃の普及が大きな進歩をもたらした。
パラフィンを溶かし、自動染色装置で染色する。細胞の核は青色、細胞の胞体は赤色に染め分ける。接着剤を載せ、自動封入装置で薄いガラスで被うと出来上がりである。

A 尿中の細胞診断の場合は、試験管を遠心機で回し、細胞を試験管の底に集める。特殊遠心機で直径約5mmの中に細胞を自動的に集め、細胞をガラスの上に付着させる。アルコールで細胞を固定し、染色する。
細胞の核は青色、細胞の胞体は赤色と緑色に染め分ける。1次と2次の難しい細胞診試験を合格した技師(スクリーナー)が細胞の良性悪性を判定する。

B 術中迅速診断がある。−20度で凍らせた未固定生検体で切片をつくり、腫瘤が悪性か良性か、断端部にがん細胞が残っているかの診断をする。約10分という短時間で標本を作製し、各手術室と直通電話で病理診断を伝える。凍結切片はパラフィン切片より数倍厚く、核が重積し判定するのが難しい。病理検査技師は特殊技術を持つ職人で、仕事の多くは手作業である。生検・手術検体の処理、標本作製、系統解剖学の理解、病理解剖の手技を完全にマスターするには多くの時間(約5年)と訓練が必要である。
 
| Top | 個人情報の取扱いについて | 個人情報保護方針 | 医療安全推進のための指針 |  院内感染対策指針 |
| 水戸済生会総合病院職業倫理指針 | 水戸済生会総合病院臨床倫理指針 |