Toppage病院紹介外来受診のご案内入院のご案内部門紹介地域医療連携臨床研修医交通案内
  病院紹介 
  外来のご案内
  入院のご案内
  部門紹介
  地域医療連携
  臨床研修医
  交通案内
  診療科案内 
  外来担当医一覧
  休診のお知らせ
 循環器センター
 循環器内科
 心臓血管外科・呼吸器外科 
  消化器センター
 消化器内科
 消化器一般外科・乳腺外科 
  
 呼吸器内科
 血液内科
 腎臓内科
 代謝内分泌内科
 神経内科
 膠原病内科
 緩和ケア
 小児科
 整形外科
 形成外科
 脳神経外科
 産婦人科
 眼科
 耳鼻咽喉科
 皮膚科
 泌尿器科
 ペインクリニック
 歯科口腔外科
 救急科
 放射線科
 血管内治療グループ
 リハビリテーション科
 病理診断科 
  各科治療成績
  相談窓口
 医療福祉相談室
 医療安全(苦情)相談室
 がん相談支援センター
 セカンドオピニオン外来
 血管内治療グループ
  血管内治療とは
血管内治療とはカテーテルと呼ばれる細い管を通して血管を詰めたり、逆に拡張するなどして行う低侵襲治療の一つです。
この領域の治療についてはEVT(Endovascular Therapy)IVR(Interventional Radiology)という呼び方をすることがありますが、VTはその名のとおり血管内治療のことを指します。これに対してIVRはより大きな範囲を指す言葉で、画像診断に用いる技術を応用した低侵襲治療を指し、大きく血管系IVRと非血管系IVRに分けられます。当グループでは非血管系IVRも取り扱っているため、“血管内治療グループ”ではありますが、“IVRグループ”と考えていただければ幸いです。
通常、心臓インターベンションは循環器内科で、脳血管インターベンションは脳外科または放射線科で、その他の胸部、腹部、四肢、末梢は放射線科または各科で行いますが、当グループは各診療科の協力を得て、院内横断的に様々な領域の治療を行っています。
 
治療内容の解説はこちら 
 治療実績 (H27年度まで) 

当グループでは子宮筋腫に対するUAEを産婦人科と連携しながら行っております。治療内容の詳細はこちらをご参照ください。また、治療を希望される場合やご質問は産婦人科外来担当医にご相談ください。
 
 特 色
平成20年9月に発足した当グループは診療科横断的な診療グループとして、脳神経外科領域を除く全診療科の疾患を対象に、当該科の専門医と協議しながら患者様に最適な治療を提案することを掲げて活動しております。おかげさまで今年の秋で発足してから8年目を迎えることになります。これもひとえに先生方のご理解とご協力の賜物と心より感謝申し上げます。
症例数の推移は別表の通りですが、この1年間に当グループが関与した治療は400例を大きく越えて増加傾向にあります。症例数の多い項目を中心に、いくつかご紹介したいと思います。

透析シャントへの治療は大きく症例数が増加しました。通常のシャントPTAだけでなく、中心静脈の狭窄や閉塞に対するカテーテル治療や長期留置カテーテル(テシオカテーテル)の症例が他施設との大きな違いと考えています。担当する腎臓内科の郡司医師は新規のシャント造設からシャントPTAや中心静脈病変までこなすシャントに関するエキスパートです。それぞれの治療の長所短所を熟知し、最適な治療を迅速に対応することで、他施設で対応困難な症例であっても患者さんの不安を解消すべく取り組んでおります。

 腹部大動脈瘤および胸部大動脈瘤に対する大動脈ステントグラフト内挿術(EVAR、TEVAR)はいずれも症例数が増加しており、県内のみならず関東圏でも症例数の多い施設として認知されています。ステントグラフトの術者には厳しい基準が設けられていますが、当院では術者となれる実施医や指導医資格を有する医師が心臓血管外科と循環器内科とあわせて計6名に増えています。このため、より複雑な症例や緊急症例にも対応することが出来るようになりました。さらに今年4月に運用開始となったハイブリッドカテ室を利用して、よりスムーズに対応できる体制も整いました。実際のところハイブリッドカテ室を利用した腹部大動脈破裂に対する緊急EVARも経験しており、今後も医師のみならずスタッフを含めた一層のレベルアップを図ってまいります。

PADについては疾患に対する理解も深まり、非常に多くの先生方からご紹介いただいております。しかし、PADの中でも迅速な対応が必要となる重症下肢虚血(CLI)の症例は季節に関わらず後を絶ちません。CLIはカテーテル治療による血行再建だけで治療が完結することはなく、形成外科や皮膚科、整形外科といった他の診療科との協力はもちろんのこと、看護師、検査技師、さらにリハビリスタッフや装具士などコメディカルスタッフとの共同作業が必要です。しかし院内の総力をあげて治療を行っても切断を回避できない症例もあり、やはり早期発見、早期対応がカギを握っているのは間違いないことを実感します。特に糖尿病の透析患者が下肢切断の大部分を占めています。折しも今春の診療報酬改定で透析施設との連携に保険点数がつくなど、施設間の連携強化に環境が整ってきており、透析施設との連携を強化して早期の積極的介入を行っていきたいと考えています。

外傷を含めた出血に対する動脈塞栓術(TAE)も増加傾向です。止血はカテーテル治療の得意分野ですが、ドクターカーおよびドクターヘリを有する当院としては、今後さらに多発外傷など迅速な対応が必要な症例が増えると予想されます。TEAを行える術者も増えてきており、救急科と協力しながら、さらにハイブリッドカテ室を有効に活用し、より重症患者に、より迅速に対応できるようにしてまいります。

昨年度から新たな取り組みを始めたものの一つに、子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE)があります。子宮筋腫を切らずに治す治療法として、海外ではごく普通に行われています。しかし今まで本邦では自費診療として限られた施設のみで行われていました。しかし昨年春からUAEに用いられる塞栓材が承認されたことをきっかけに、保険診療の範囲で出来るようになりました。当院でも産婦人科と協力しながら子宮筋腫に対するUAEを行っています。決して症例数が多い訳ではありませんが、県外からわざわざUAEを希望されてくる方もおり、一定の需要がある領域と考えています。

以上、当グループの活動についてご報告いたしました。これからも病診連携を推進し、地域医療に少しでも貢献できるよう、微力ながら努力する所存です。今後ともご指導・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
水戸済生会総合病院 血管内治療グループ
千葉義郎 海老原至 東和明 樋口基明 郡司真誠 遠田譲
 対象となる疾患
消化器領域
肝臓癌に対する肝動脈塞栓術(TAE)
転移性肝癌に対する動注リザーバー造設
化学療法用の中心静脈ポート造設
門脈圧亢進症に対するバルーン閉塞下逆行性経静脈性塞栓術(BRTO)
門脈圧亢進症における脾動脈塞栓術(PSE)
消化管出血に対する動脈塞栓術
循環器領域
閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療(バルーン拡張術、ステント留置術)
腎動脈狭窄症に対するカテーテル治療(ステント留置術)
鎖骨下動脈狭窄症に対するカテーテル治療(ステント留置術)
胸部、腹部大動脈瘤に対するステント内挿術(TEVAR、EVAR)
各種動脈瘤に対する塞栓術
急性肺血栓塞栓症、深部静脈血栓症に対する下大静脈フィルター留置術
急性肺血栓塞栓症に対するカテーテル治療
急性深部静脈血栓症に対するカテーテル治療
透析関連領域
シャント不全に対するバルーン拡張術
鎖骨下静脈狭窄症に対するバルーン拡張術
長期留置カテーテル(テシオカテーテル)留置術
呼吸器領域
上大静脈(SVC)症候群に対するステント留置術
喀血に対する気管支動脈塞栓術(BAE)
気管ステント留置術
産婦人科領域
子宮動脈塞栓術(UAE)
産科危機的出血に対する動脈塞栓術
前置癒着胎盤に対する内腸骨動脈バルーン閉塞併用帝王切開術

当グループでは子宮筋腫に対するUAEを産婦人科と連携しながら行っております。治療内容の詳細はこちらをご参照ください。また、治療を希望される場合やご質問は産婦人科外来担当医にご相談ください。
その他
副腎静脈サンプリング
外傷に対するカテーテル塞栓術
膀胱癌に対する動注療法
CT下バイオプシー
腫瘍切除術前の動脈塞栓術
お問い合わせ先 水戸済生会総合病院 地域医療連携室
TEL 029−254−9067  FAX 029−254−1637
 医師紹介
 
  グループ長  
  千葉 義郎 (ちば よしろう)  
 所属学会・認定資格
日本内科学会 認定総合内科専門医・指導医
日本循環器学会 専門医
日本心血管インターベンション治療学会 専門医
日本インターベンションラジオロジー学会 専門医
ステントグラフト指導医(胸部・腹部) 
日本脈管学会 脈管専門医
日本不整脈学会
ICD認定医
CRT認定医
死体解剖資格 
 担当領域
虚血性心臓病、閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症、肺血栓塞栓症、動脈瘤に対する塞栓術などの循環器領域の他、消化器領域(特に肝細胞癌に対する肝動脈塞栓術、中心静脈ポート増設)や呼吸器領域(上大静脈症候群に対するステント留置、気管支動脈塞栓術)など幅広く担当しています。

  グループ長代行  
  海老原 至(えびはら いたる)
 所属学会・認定資格
日本内科学会 指導医
日本腎臓学会 専門医
日本透析医学会 指導医
 担当領域  透析患者のシャントトラブル

  東 和明 (あずま かずあき)
  樋口 基明(ひぐち もとあき)  IVR学会所属
  郡司 真誠(ぐんじ まさのぶ)
 
 
  非常勤顧問
  遠田 譲 (とおだ じょう)
 所属学会・認定資格 東京女子医大八千代医療センター 画像診断・IVR科診療科長
日本医学放射線学会 専門医
日本インターベンショナルラジオロジー学会 専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
 担当領域 冠動脈を除く全身を幅広く担当しますが、特に門脈系へのインターベンションも対応可能

サポートスタッフ
  【消化器内科】
   仁平 武、柏村 浩、渡辺 孝治
  【循環器内科】
   村田 実、大平 晃司、山下 文男
  【心臓血管外科】
   倉岡 節夫、篠永 真弓
  【消化器外科】
   鈴木 俊繁、高久 秀哉
  【整形外科】
   生澤 義輔、野村 真船、秋山 義人
  【救急科】
   須田 高之、遠藤 浩志、福井 大治郎
  【形成外科】
   芳賀 康史
 外来診療スケジュール・お問い合わせ
 
 午前(10:30〜) 遠 田
 午後(14:30〜) 千 葉 遠 田

(1) 診療科がはっきりしている場合は、該当する科の外来へご紹介ください。
(2) それ以外は血管内治療外来での予約診療となります。地域医療連携室にご連絡ください。
(3) 透析シャントトラブルについては海老原医師に直接ご連絡ください。
(4) 画像検査等のデータはご持参いただくか、出来るだけ事前に地域医療連携室宛に郵送をお願い します。
(5) 緊急症例については可能な限り対応いたします。千葉医師に直接ご連絡ください。
お問い合わせ先 水戸済生会総合病院 地域医療連携室
TEL 029−254−9067  FAX 029−254−1637
 
| Top | 個人情報の取扱いについて | 個人情報保護方針 | 医療安全推進のための指針 |  院内感染対策指針 |
| 水戸済生会総合病院職業倫理指針 | 水戸済生会総合病院臨床倫理指針 |