Toppage病院紹介外来受診のご案内入院のご案内部門紹介地域医療連携臨床研修医交通案内
  病院紹介 
  外来のご案内
  入院のご案内
  部門紹介
  地域医療連携
  臨床研修医
  交通案内
  診療科案内 
  外来担当医一覧
  休診のお知らせ
 循環器内科
 消化器内科
 呼吸器内科
 血液内科
 腎臓内科
 代謝内分泌内科
 神経内科
 リウマチ膠原病
 緩和ケア
 小児科
 消化器一般外科・乳腺外科
 整形外科
 形成外科
 脳神経外科
 心臓血管外科・呼吸器外科
 産婦人科
 眼科
 耳鼻咽喉科
 皮膚科
 泌尿器科
 ペインクリニック
 歯科口腔外科
 救急科
 放射線科
 血管内治療グループ
 リハビリテーション科
  各科治療成績
  相談窓口
 医療福祉相談室
 医療安全(苦情)相談室
 がん相談支援センター
 セカンドオピニオン外来
 病院からのお知らせ
   院長あいさつ
   病院概要
   病院沿革
   基本理念
   臨床基準・教育施設認定
   病院機能評価認定病院
   個人情報の取扱いについて
   個人情報保護方針
   医療安全推進室
   医療安全推進のための指針
   院内感染対策指針
   職業倫理指針
   臨床倫理指針
   次世代育成支援
 
 
循環器センター開設のご案内
平成28年7月1日から組織改編によって循環器センターを設立することとしました。これまでも循環器内科、心臓血管外科が互いに協力し合い診療してきましたが、今後この2診療科を一体的に運営し患者さんから見て分かりやすい形で最適な医療を提供したいと考えております。
この組織改編の背景には医療技術の急速な進歩と高齢化社会の深化があります。かつては内科治療といえば薬を用いた治療(薬物治療)だけを、また、外科的治療といえば大掛かりな手術を意味し、循環器内科医と心臓血管外科医が互いに患者さんを紹介することはあっても同時に協力し合って診療するということは殆どありませんでした。しかし、細い管(カテーテル)を血管内に入れてカテーテルを通して治療する技術が目覚ましい進歩をとげ、種々の循環器疾患に適応が拡大されて循環器内科医と心臓血管外科医が協力して診療に当たる場面が多くなりました。このようなカテ―テル治療は体に負担の小さい治療で高齢者に適した治療と言え高齢化社会の深まりの中にあって益々発展するものと予想されます。
 この血管内治療はレントゲン透視下に行われ、従来心臓カテーテル検査室で行われてきましたが、近年新たに高度な血管内治療が次々に登場し、より難治性の心血管疾患に対して手術と組み合わせて(手術単独よりも負担が小さく)できるようになり、そのための治療室(レントゲンで血管を写しながら手術ができるのでハイブリッド手術室と呼びます)を平成28年4月1日に新設しました。
多様な循環器疾患をもつ高齢者に対し体への負担の小さい治療を効率よく提供できる時代となり、また、当院の循環器内科、心臓血管外科の人員も充実し、更に診療機器も整備されたのを機に新たに循環器センターを設立し循環器疾患を一体的に診療できる体制としました。循環器領域において地域に貢献できることを願っております。
【用語の解説】
循環器疾患とは?
心臓から大動脈に拍出された血液は枝分かれした動脈を経由して全身のいろいろな臓器(組織)や手足に流れて行き、血液中に含まれる酸素をはじめとした生命維持に必要な栄養などが各臓器(組織)に供給されます。同時に不要となった物質が血液中に回収され静脈を経由して心臓に戻されます。このような血液を全身に循環させるシステムが循環器といわれ、心臓と血管(動脈と静脈)からなります。約5リットル/分の血液が循環しますが、けがで出血するとか胃潰瘍から出血して血を吐くとかがなければ血液はどこへも失われることなく(閉鎖回路の中を流れ)循環し続けます。このポンプ(心臓)やホース(血管)が傷んでくる(病気になる)と水圧の低下(心臓の働きの低下)や目詰まり(動脈硬化)をおこし円滑な循環が妨げられ、その結果いろいろな臓器障害を起こします。
この血液循環システムの異常を循環器疾患と呼びます。
循環器疾患には心臓の病気が全て含まれます。また、動脈の病気としては大動脈の瘤(大動脈瘤)、脳動脈や下肢動脈の目詰まりなど動脈硬化性疾患が代表的です。また、静脈領域では最近注目されてきた血液の塊のできる病気(深部静脈血栓症)があります。

消化器センター開設のご案内
院内組織改革により平成28年7月1日に消化器センターを設立致しました。
これ迄は、消化器外科と消化器内科の入院患者さんを別々の建物で診療していましたが、昨年末の病棟再編で消化器内科が3階南病棟に移動いたしました。
もともと南館1階には消化器診断センターがあり、内視鏡検査、エックス線透視検査、超音波検査をおこなっておりました。今回、1階から3階を消化器センターとすることで、検査から入院治療迄をよりスムーズに行うことが出来るようになりました。
消化器疾患は、食道・胃・腸・肝臓・膵臓などの幅広い領域に及びます。その診断・治療法の進歩は目覚しく、個々の患者さんに最適な方法を確実に選択することが、以前にもまして重要となっています。そのためには、消化器系医師全体で内科治療と外科治療の長所と短所を十分検討し、適切な判断に基づいた医療を提供していく事が必要です。また、医師だけではなく、看護師、検査技師、放射線技師などを含めた多職種のチームワークが大切です。これまでも定期的な消化器カンファレンス(外科と内科による患者さんについての検討会)等を行って参りましたが、センター化によりチーム内での連携を緊密にすることで、スタッフの技術が最大限発揮できる体制づくりに努めてまいります。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
電子カルテ導入のお知らせとお願い

平成28年10月3日(月)から、電子カルテによる診療を開始しました

当院では、医療サービスの向上とより安全な医療の提供を目指し、電子カルテを導入することとなりました。
操作研修などの訓練を重ねておりますが、導入当初は不慣れな点や想定外のトラブルによって、待ち時間が長くなるなど 御迷惑をおかけすることがあるかも知れません。
何卒、ご理解ご協力の程、よろしくお願いいたします。

平成28年7月 病院長
 
| Top | 個人情報の取扱いについて | 個人情報保護方針 | 医療安全推進のための指針 |  院内感染対策指針 |
| 水戸済生会総合病院職業倫理指針 | 水戸済生会総合病院臨床倫理指針 |