地域医療支援病院

地域の医院・診療所など、かかりつけ医からのご紹介を受け急性期医療、専門医療や検査などを担当する地域医療ネットワークの中核的な病院です。
また、地域の医療レベル向上のため、地域医療従事者の研修もその大きな役割となっています。 
水戸済生会総合病院では、皆様の健康を医院(かかりつけ医)と病院(専門医)が共同で見守ってゆきます。
当院では、紹介状(診療情報提供書)のやりとりによる情報交換や症例検討により、かかりつけ医や他病院と連携しております。


当院の役割 |地域における基幹病院として -診療所やクリニックとの関係-

当院はみなさまの健康をかかりつけ医と共同で見守っていきます
当院を中心として、水戸市内に限らず近郊の診療所の先生(かかりつけ医)との間に患者さまのための診療ネットワークが作られております。国のすすめる医療政策に従い、地域の「かかりつけ医」と連携し、それぞれの持つ機能を効果的に活用しながら皆様の病状にあわせた治療を行っております。今後近くの診療所(開業医)、病院、又は福祉施設等とは更に密接な連携を図っていかなくてはなりません。
例えば、軽少な疾患や病気の安定した時期の診療あるいは日頃の健康相談は「かかりつけ医」の役割であり、専門的な検査・治療や入院・手術などは病院の役割であるというように診療する上での役割分担を心掛けております。

かかりつけ医をお持ちください
「かかりつけ医」とは、皆様がまず最初に診察を受ける身近な医師です。
病気をはじめ、ご自身の健康に関する心配事などを気軽に相談できるかかりつけ医をお持ちになることは、とても大切なことです。「かかりつけ医」は幅広い知識を持って患者さまを診療し、専門的な診療が必要と判断したときに病院の専門医を紹介してくれます。

紹介状をお持ちください
当院の外来のご利用にあたっては、「かかりつけ医」からの紹介状をご持参ください。当院での治療が終わりましたら、病状や治療内容を記載した紹介状(診療情報提供書)を「かかりつけ医」宛てに書き、今後の診療をお願いしております。
病状の安定している時の診療は「かかりつけ医」の役割ですが、救急を要する場合や症状が重症化し入院を要する場合こそは病院の役割ですので、その様な場合は当院で診療させていただきますのでご安心ください。

紹介状をお持ちいただくメリット

  • 紹介状なしの時にいただく初診時特定療養費の負担がありません。ただし、診療所の先生に支払う費用が発生しますが、差し引きで節約になります。
  • 「かかりつけ医」よりいただいた情報をもとに診療しますので、診療所で施行した検査の重複を避ける事ができ、費用の負担も少なることがあります。
  • かかりつけ医からの紹介状により、これまでの診療の経過等について把握することができ、適切な診療を行えます。
  • 受診日の混雑状況にもよりますが、一部の診療科では優先的な診療を心がけております。

 

地域医療連携室について

水戸済生会総合病院では、地域医療連携室を病院の窓口として、地域医療機関との連携を深めることで、患者さんが適切な医療を受けられる地域づくりを目指しています。
平成20年5月30日付で茨城県知事から「地域医療連携病院」として承認されました。

受付時間 月曜日~金曜日(休院日除く) 8:30~17:00
※上記以外の時間に受信したFAXについては、翌診療日の午前中に連絡させていただきます
主な業務
  • 紹介患者さんの受け入れ
  • 診察、検査の予約受付及び案内と誘導
  • 返書報告の徹底
  • 検査の予約