研修プログラム責任者 千葉 義郎(臨床研修センター長/循環器内科)

あなたは初期研修についてどんなイメージを持っているでしょうか?すでに診療科を決めている人もいれば、とりあえずいろいろ見てから決めようと考えている人もいるでしょう。
初期研修では、医学的な知識や技術の習得はもちろん重要ですが、実際にやってみることが大事だと考えています。教科書に書いてあったことがそのまま上手くいことは少なく、やってみて気づくことがとても多いのです。
実際に初期研修を終えてみると、外科系だと決めていた人が内科系に進んだり、その逆だったりと、当初の希望とは異なる診療科を選択する人が多くいます。医学生とは異なり、臨床の現場での経験があって初めて、自分の適性や関心が分かるからだと思います。
こうした研修医たちを見ていると、初期研修とは「自分の興味や関心が何なのか?」「自分の医師としての役割は何なのか?」を探る時期と言ってよいのではないでしょうか。
当院は救急から小児、周産期、そして緩和医療と幅広くバランスのとれた医療を提供しています。幅広い経験を通して自分の適性を見極め、1日も早く独り立ちしたい、臨床の現場でバリバリ活躍したい、と思っているあなたに絶好のチャンスを提供できる病院です。

 

 後期研修医 宗像 紅里 

当院の初期研修プログラムは個人に合わせて柔軟に作り上げられるプログラムとなっています。最初の半年間は決まっているものの、それ以降は指導医と相談しながら自分の進路に合わせてプログラムを組んでいます。そのため研修開始時点で志望科が決まっていない方でも充実した2年間を過ごせます。
また、当院は3次救急医療を行っているのに加えてドクターカーやドクターヘリも運航しており外傷患者を始め多くの症例を経験できます。研修医は積極的に治療に関わることができるため、研修2年間のなかでどんどん力をつけることができる環境です。
指導医の先生方は手厚くサポートしてくださり、分からない点があった場合などは診療科をまたいでも気軽に質問することが出来ます。研修医同士も仲が良く、私にとってこれがこの病院で研修を行うことを決めた1番の理由でもあります。最高の仲間と充実した2年間を当院ですごしませんか。
まずは是非病院見学に来てください。お待ちしております。